レアメタル,産業界での流通量・使用量が僅少な金属、レアメタル・・・。 産業廃棄物として思い込んで処分してはいませんか?

美容院/美容室 行政書士 司法書士 眼科 産婦人科 銭湯 シャッター・建具 仏壇・仏具・神具 葬儀 弁護士 ホームページ制作会社 岡山

2017年07月28日

◆本日の金買取価格◆2017/07/28 AM10:00現在

■本日の金買取価格[ 1kg (税込価格)]
 2017/07/28 AM10:00現在

◆販売価格 443万6000円
 前日比 -5,000円

◆買取価格 440万5000円
 前日比 -5,000円

金や金メッキ・プラチナなどの貴金属買取をお考えの方へ。
金買取価格は金相場の影響により、当日変動することがあります。
金メッキ 買取センター。





◆ドル・円 98.73円
 前日比 +0.02円

◆日経平均 14,704.36円
 前日比 -28.25円



【市況】
◎ドル反落、98円台後半=米株安などで上値重い〔東京外為〕(25日午前9時)
25日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、前日の海外市場で伸び悩んだ流れを受け継ぎ、1ドル=98円台後半に反落している。午前9時現在、98円72〜73銭と前日(午後5時、99円07〜09銭)比35銭のドル安・円高。
 前日の欧米市場では、欧州時間の序盤は99円台前半の高値圏で推移したが、徐々に売りが強まり、98円台後半に軟化した。米国時間は一時買いが強まる場面もあったが、7月のS&Pケース・シラー住宅価格指数や9月の米消費者信頼感指数などがやや弱めとなり、株安・債券高の様相が強まる中、98円台後半で軟調となった。東京市場の早朝は98円75銭前後で取引され、午前9時に向けてもみ合いとなった。
 先週のFOMCで量的緩和縮小が見送られて以降、ドル円は上値の重い展開が続いている。緩和継続で株価が堅調となることが期待されたが、実際には軟調傾向が続き、「リスクオン的な円売りドル買いが出にくい」(大手邦銀)とされる。一方で「中長期的なドル円の先高観には変化はない」(外資系金融機関)こともあり、ドル円の下値は堅く、当面は「99円前後を中心としたもみ合いが続く」(FX業者)との見方が多い。
 ユーロは対円、対ドルで軟調。9月のドイツIFO景況感指数が予想より弱かったことなどが圧迫要因となった。午前9時現在、1ユーロ=132円99銭〜133円03銭(前日午後5時、133円87〜92銭)、対ドルで1.3472〜3473ドル(同1.3512〜3514ドル)。
posted by kinkin at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

◆本日の金買取価格◆2017/07/27 AM10:00現在

■本日の金買取価格[ 1kg (税込価格)]
 2017/07/27 AM10:00現在

◆販売価格 443万6000円
 前日比 -5,000円

◆買取価格 440万5000円
 前日比 -5,000円

金や金メッキ・プラチナなどの貴金属買取をお考えの方へ。
金買取価格は金相場の影響により、当日変動することがあります。
金メッキ 買取センター。





◆ドル・円 98.73円
 前日比 +0.02円

◆日経平均 14,704.36円
 前日比 -28.25円



【市況】
◎ドル反落、98円台後半=米株安などで上値重い〔東京外為〕(25日午前9時)
25日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、前日の海外市場で伸び悩んだ流れを受け継ぎ、1ドル=98円台後半に反落している。午前9時現在、98円72〜73銭と前日(午後5時、99円07〜09銭)比35銭のドル安・円高。
 前日の欧米市場では、欧州時間の序盤は99円台前半の高値圏で推移したが、徐々に売りが強まり、98円台後半に軟化した。米国時間は一時買いが強まる場面もあったが、7月のS&Pケース・シラー住宅価格指数や9月の米消費者信頼感指数などがやや弱めとなり、株安・債券高の様相が強まる中、98円台後半で軟調となった。東京市場の早朝は98円75銭前後で取引され、午前9時に向けてもみ合いとなった。
 先週のFOMCで量的緩和縮小が見送られて以降、ドル円は上値の重い展開が続いている。緩和継続で株価が堅調となることが期待されたが、実際には軟調傾向が続き、「リスクオン的な円売りドル買いが出にくい」(大手邦銀)とされる。一方で「中長期的なドル円の先高観には変化はない」(外資系金融機関)こともあり、ドル円の下値は堅く、当面は「99円前後を中心としたもみ合いが続く」(FX業者)との見方が多い。
 ユーロは対円、対ドルで軟調。9月のドイツIFO景況感指数が予想より弱かったことなどが圧迫要因となった。午前9時現在、1ユーロ=132円99銭〜133円03銭(前日午後5時、133円87〜92銭)、対ドルで1.3472〜3473ドル(同1.3512〜3514ドル)。
posted by kinkin at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

◆本日の金買取価格◆2017/07/26 AM10:00現在

■本日の金買取価格[ 1kg (税込価格)]
 2017/07/26 AM10:00現在

◆販売価格 443万6000円
 前日比 -5,000円

◆買取価格 440万5000円
 前日比 -5,000円

金や金メッキ・プラチナなどの貴金属買取をお考えの方へ。
金買取価格は金相場の影響により、当日変動することがあります。
金メッキ 買取センター。





◆ドル・円 98.73円
 前日比 +0.02円

◆日経平均 14,704.36円
 前日比 -28.25円



【市況】
◎ドル反落、98円台後半=米株安などで上値重い〔東京外為〕(25日午前9時)
25日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、前日の海外市場で伸び悩んだ流れを受け継ぎ、1ドル=98円台後半に反落している。午前9時現在、98円72〜73銭と前日(午後5時、99円07〜09銭)比35銭のドル安・円高。
 前日の欧米市場では、欧州時間の序盤は99円台前半の高値圏で推移したが、徐々に売りが強まり、98円台後半に軟化した。米国時間は一時買いが強まる場面もあったが、7月のS&Pケース・シラー住宅価格指数や9月の米消費者信頼感指数などがやや弱めとなり、株安・債券高の様相が強まる中、98円台後半で軟調となった。東京市場の早朝は98円75銭前後で取引され、午前9時に向けてもみ合いとなった。
 先週のFOMCで量的緩和縮小が見送られて以降、ドル円は上値の重い展開が続いている。緩和継続で株価が堅調となることが期待されたが、実際には軟調傾向が続き、「リスクオン的な円売りドル買いが出にくい」(大手邦銀)とされる。一方で「中長期的なドル円の先高観には変化はない」(外資系金融機関)こともあり、ドル円の下値は堅く、当面は「99円前後を中心としたもみ合いが続く」(FX業者)との見方が多い。
 ユーロは対円、対ドルで軟調。9月のドイツIFO景況感指数が予想より弱かったことなどが圧迫要因となった。午前9時現在、1ユーロ=132円99銭〜133円03銭(前日午後5時、133円87〜92銭)、対ドルで1.3472〜3473ドル(同1.3512〜3514ドル)。
posted by kinkin at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホームページ制作会社 岡山 岡山 ホームページ制作会社 ホームページ